軟骨のすり減りを防止するグルコサミン|関節症を防ぐ成分

肝臓疾患は予防できる

栄養補助食品

沈黙の臓器

人間が発症する病気の種類は数多くありますが、男性と女性では罹りやすい病気に違いがあります。具体的に男性の場合は痛風や糖尿病、肝臓疾患に罹りやすく女性の場合は甲状腺疾患やリウマチ、骨粗しょう症に罹りやすい傾向にあります。それではこの中から男性が罹りやすい病気の1つである肝臓疾患について焦点を絞ってみましょう。まず肝臓疾患にはどのような種類があるのかと言うと脂肪肝や肝炎、肝硬変、肝臓ガンなどが代表的な病気となっています。そして特に肝臓は沈黙の臓器と言われているほど初期症状が乏しい臓器で、病気が発覚した時には症状が進行してしまっているということも珍しくありません。そこで早期発見のためにも定期的な健康診断が重要となってきます。

サプリメントで予防

肝臓疾患を引き起こさないためには、これまでのライフスタイルを徹底的に改善する必要があります。まず肝臓疾患は暴飲暴食や偏った食生活、運動不足、ストレス、アルコールの過剰摂取などの日頃の生活習慣が大きく影響しています。したがって生活習慣を見直すことが予防に繋がります。その他にもオルニチンが肝臓疾患の予防そして改善に効果があると話題となっています。オルニチンとは何かと言うとシジミやヒラメ、えのき茸、だだちゃ豆、チーズなどに含まれているアミノ酸の一種です。しかし食品からオルニチンを摂取しようとすると、毎日沢山食べなければならず難しいのが現状です。そこで注目を集めているのがサプリメントです。サプリメントならば毎日無理なく摂取することができることに加えて、オルニチンの有効成分を余すことなく補えます。